紫外線対策とシミの原因について

しわやしみのないきれいなお肌をキープするためには、紫外線が強くなる季節でもしっかりと紫外線予防をしましょう。紫外線対策をする為には、紫外線がなぜしわやシミの原因になるのかについて理解しておくことをおすすめします。

 

人間の皮膚には、メラノサイトという細胞があります。その細胞は長時間紫外線を浴びると、肌を刺激から守るためにメラニン色素を生成します。紫外線はメラニン色素によってつくられた黒い部分に集まるので、皮膚の奥まで紫外線が届きにくくなります。

 

紫外線がメラニン色素でシャットされることで、皮膚は紫外線の作用を避けられます。たくさん生成され過ぎてしまうとシミの原因になりますので注意が必要です。ターンオーバーによって古い皮膚と新しい皮膚は絶えず入れ代わっていますか、メラニン色素は本来は古い皮膚と一緒に排出されます。

 

メラニン色素が多すぎると、通常のターンオーバーでは排出されずに肌に残ってしまうことになり、シミの原因になっていまします。紫外線が皮膚に照射されても、すぐにしみにはなりません。メラニン色素かシミになるまでにはしばらく日数がかかります。

 

夏が終わり、季節が経過して秋や冬になってから、紫外線が強い時期に浴びた影響がシミやくすみとなってあらわれてきます。紫外線対策で大事なことは、まだ肌にシミもくすみもない頃から取りかかるということです。

 

肌にシミを作らないようにするためには、紫外線の対策は日差しが強い季節だけでなく、年間を通して常に気をつけて、肌を守ることをおすすめします。

 

 

アヤナス肌トラブル解消TOPページに戻る

 

トップへ戻る