敏感肌の洗顔からクリームまで。 肌トラブルにならないために!

肌トラブルにならないためにやっておきたい対策は、洗顔からクリームまでの12項目

 

敏感肌 洗顔

・洗顔は帰宅後すぐに。帰宅後の肌はダメージとなる原因のほこりなどが付着しているから、早目の洗顔をしましょう!
・洗顔時、直接肌に触れないこと。泡でくるくる転がすように洗います。

 

敏感肌 洗顔

・すすぎの温度は36度〜37度。熱めのお湯は必要な潤いまでも奪うため、ぬるめのお湯でていねいにすすぎましょう。
・洗顔後は1分以内にローションを塗りましょう。洗顔後の肌は水分を蒸発しやすいので、ローションでうるおいを与えます。
    ・ハンドプレスで肌荒れ防止。手のひらの温度と程よい圧により、ダメージを受けた肌にやさしく美容成分も浸透します。

 

敏感肌 洗顔

・乾燥やくすみは即席パックで。目元など特にくすみが気になる部分はローションを浸したコットンでパック。透明感が戻ります。黄ぐすみにはアヤナスの美容液で。顔全体のくすみには糖化対応の専用美容液で集中ケア。透明感とハリを引き出す。

 

敏感肌 洗顔

・ほうれい線はぐっと引き上げます。ほうれい線に沿わせた手をやさしく上に引き上げます。毎日の積み重ねが大事です。
・クリームを塗るときはこすらないこと。クリームは一度手のひら全体にのばし温めてから両手で包み込むようにつけましょう
    厚めに塗ってクリームパック。目の周りなど、皮がむけている所は厚めに。
    バリア機能をクリームが助けることで回復を助けます

 

敏感肌 洗顔

・手に吸いつくような感触がゴール肌の乾燥は部分によってまちまちです。お手入れの最後は手で触れて乾燥がないかチェック
・日中も気になったら保湿。乾燥を感じたら、少量を指先に伸ばした後、トントンとやさしく抑えるようにすれば
    メークもよれません

 

ストレス肌ケアTOPページに戻る