紫外線によって日焼けが起きる理由

紫外線によって日焼けが起きる理由

紫外線によって日焼けが起きる理由

長時間、紫外線を浴びていると日焼けをすることは、大抵の人が理解しています。
紫外線とは目に見えない存在ですが、果たしてどういったものなのでしょう。

 

紫外線,日焼け,起きる,理由

紫外線とは、太陽光線のひとつであり、種類をA波、B波、C波に分けることができます。
A波はかなり強い紫外線となっており、窓ガラスを通過するほどの威力があります。

 

紫外線A波がガラス窓を通り抜けるために、窓際にいる時や、車中にいる時でも日焼けをします。
紫外線B波の場合は、オゾン層を通過しきれないだけでなく、雲や天候で遮断されることがあるため、
その日によって照射量が異なってくるものです。

 

紫外線C波が日焼けに関わることはありません。なぜなら、紫外線C波はオゾン層を抜けられないからです。
紫外線A波は、透明な窓ガラス程度なら通過するので、お肌にはたくさん浴びることになりますが、それでもB波ほどの日焼け効果はないといいます。

 

肌の日焼けのことを考えるのであれば、室内でも紫外線を浴びてしまうため、常に対策と取る必要のある紫外線です。
日焼けは、ただ単に肌の色が黒くなるだけでなく、肌の老化やしみそばかすなどの原因になるので、
極力浴びないようにするのが大切です。

 

肌が紫外線によって悪影響を受けないようにと、メラニン色素を増やすことが、日焼けのメカニズムです。
日焼けのしすぎは、肌の老いを加速させ、しみやくすみの多い肌になってしまう可能性がありますので、
日焼けはしすぎないようにしましょう。

 

アヤナス肌トラブル解消TOPページに戻る

 

トップへ戻る