同じ紫外線でも日焼けに差が出る原因

同じ紫外線でも日焼けに差が出る原因

同じ紫外線でも日焼けに差が出る原因

人によって、紫外線を浴びたことで起きるお肌の影響が異なっているのは、一体どうしてでしょう。
一緒に屋外で遊んだり海辺にいたりして、同じ量の紫外線を浴びたはずなのに、日焼けの差が生じることは良くあります。

 

赤く日焼けをして痛みを伴ったり、すぐに黒くなって痛みはほとんどないという人もいます。
どんな日焼けをするかは、個人差があることは知られています。
なぜ、人によって日焼けの症状が違うのは、紫外線から肌をガードするためのメラニン色素の違いです。

 

日焼けには、サンタンと、サンバーンがあります。サンタンは肌を黒くする作用で、サンバーンは肌を赤くヒリヒリさせる
作用となります。お肌が黒くなるのは、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きが活発であるためです。

 

肌の色が変わりやすいというのは、肌をガードするためにメラニン色素がつくられている状態です。
紫外線を浴びるとすぐにメラニンを合成するので、肌は黒くなりやすいですが、光老化は出にくいと言われています。

 

強い紫外線を浴びても皮膚が黒くならない人は、メラニン色素がつくられない代わりに、肌が炎症を起こしやすくなってしまいます。
太陽光を浴びるとすぐ肌が炎症を起こす人は、肌細胞が紫外線で破壊されやすい状態です。

 

人によっては、紫外線を浴びても皮膚の状態が変わっていないというふうに見えることがあります。
日焼けをしても肌が黒くならない場合は、紫外線は皮膚へと到達し、肌の細胞に悪影響を及ぼしていることがあります。

 

 

アヤナス肌トラブル解消TOPページに戻る

 

 

トップへ戻る