紫外線をカットして日焼け対策をする

紫外線対策の基本は、太陽光の下に出る時に紫外線を肌に浴びないようにするということです。毎日家の中にこもっている事もできません。戸外に出る時は紫外線を肌に浴びる機会を少なくするために、サングラス、帽子、日傘などUVカット効果のあるものを使っていきましょう。

 

人の目では紫外線を知覚することができないため対策がおろそかになりがちですが、物体や地面で反射する紫外線もあります。上からくる紫外線だけでなく、サイドや地表からの照り返しで皮膚に届く紫外線の対策もしておきましょう。

 

紫外線の対策をするならば、細かいところにまで気を配って対処しなければ効果がありません。紫外線を散乱または吸収するサンオイルを皮膚に塗っておくことも紫外線対策になります。顔などの紫外線対策をしっかりとしたい場所は、日に数回は塗り直す事も必要になります。

 

女性は、化粧室でメイクを直す時に日焼け止めクリームを改めて塗り直すことで、紫外線対策効果を保つことができるようになります。その日焼け止めクリームがどのくらい紫外線に強いかは、SPFの数字でわかります。

 

太陽光が強い時はSPF50を、屋外にも出るけれど基本的には屋内で活動をしているという日はSPF20を使うなどで、使い分けるようにしてみましょう。
紫外線対策はしっかりと意識をして、小まめにケアする事が大切です。

 

 

アヤナス肌トラブル解消TOPページに戻る

 

トップへ戻る