敏感肌のための美白ケア 「サエル」で、紫外線から肌を守る!

敏感肌,美白,サエル,紫外線,シミ

 

サエル トライアルセット 効果的な美白ケアに! 紫外線から肌を守る

メラニン生成の大きな原因、紫外線。敏感肌の方は紫外線ダメージが受けやすく、シミができやすい。

 

気温・天候に関係なく紫外線は出ています。

気温が低いとついつい紫外線に対して無防備になりますね。

 

UV-A波は窓ガラスを通過します。

室内にいれば、安心と思いますが、それは間違いです。肌の弾力を失わせ、シワ・たるみを引き起こすUV-A波は窓ガラスを85%も通過。

 

日焼け止めは外出時間と用途によって使い分けを。

SPFは紫外線カット力の強さではなく、継続時間です。短い外出時間にSPFを使うと肌が弱い敏感肌にとって刺激となる場合があります。
日焼け止めのSPF・PAについて  SPF⇒ 紫外線B波による日焼け防止効果。SPF1=約20分間の日焼け防止効果(日本人平均)
PA⇒紫外線A波の防止効果を+の数により表したもの。紫外線A波は肌の弾力を失わせ、シワ・たるみを引き起こします。

 

 

敏感肌,美白,サエル,紫外線,シミ

 

正しいお手入れでシミを防ぎましょう!

せっかくケアしても、正しい方法で行わなければ、逆にシミリスクを高める原因に。日頃のお手入れを見直しましょう!
誰もが「効果を早く出したい」と思い、間違った使い方になっていませんか?敏感肌は特に刺激に弱いので、気づかないうちに
肌を傷めている可能性があります。美白ケアの3つポイントで、効果的にシミ・くすみを防ぎましょう!

 

手のひらで優しくおさえるように。

お手入れの際に強くこすったり、すりこんだりしていませんか?刺激はシミの原因になり、せっかくのケアが台無しになります。
シミが気になる方は手のひらで優しくおさえるようにケアしましょう。

 

使用量を守る。

ケアをする時に1回の使用量を守りましょう。少ないとこすってしまいますし、多すぎると敏感肌にとって刺激となってしまう可能性が
あります。使用する時は説明書をよく読んで、正しい使用量でケアしましょう。

 

日焼け止めはこまめに塗りなおす。

汗や水で流れてしまうと日焼け止めの効果は落ちてしまいます。敏感肌の方は効果の強い製品を一度に塗るのではなく、
肌にやさしい製品をこまめに塗りなおすことがオススメです。

 

 

デイセンシア サエル 美白ケア

 

 

ストレス肌ケアTOPページに戻る